海の砂浜でリラックス。海水浴ならぬ「海気浴」ってなに?

FEEL

海の潮の香りを嗅ぐと、モチベーションが上がるとともに、リラックスするという人も多いのではないでしょうか?実は海の香りには、私たちの心と体を健康にしてくれる働きがあるのです。最近では、日光浴や森林浴とならび、海の香りを浴びながら過ごす「海気浴」に注目が集まっています。今回は、海気浴がもたらすメリットについて、お話します。

海気浴って一体どんなもの?

海気浴とは、海の潮の香りを浴びながら海辺で過ごすという方法です。その過ごし方はさまざまで、浜辺に座って潮の香りを思いっきり吸い込むのも良いですし、潮風を感じながら、海沿いをウォーキングするということでも大丈夫です。

「海気浴」という言葉でズームインされ始めたのは最近ですが、この方法自体はずいぶん昔から存在していたといわれています。もっとも、その頃は海気浴という言葉ではなく、「潮ごり」などという呼び方をされていたようです。

リラックス作用や美容にも効果的!海の香りが持つ力とは

どこまでも続く海を目の前にし、潮の香を浴びて過ごす・・・。想像しただけでも、気持ちが良さそうですよね。しかし、海気浴には想像以上の下記のような効果も秘められているのです。

1.マイナスイオンが自律神経を整える

よせてはかえす波が、しぶきとなって空気中に漂う海辺。この働きがもとで、海の周辺にはマイナスイオンが多く発生します。マイナスイオンが含まれている空気を吸うことにより、私たちの自律神経が整えられ、心と体のバランスを保ってくれる作用が備えられているのです。潮の香りを嗅ぐと「落ち着く」と感じるのは、マイナスイオンのおかげだと言えるでしょう。

2.   ヨードが肌を活性化してくれる

海の潮の香には、ヨードが含まれています。ヨードはヨウ素とも呼ばれ、ミネラルの一種で甲状腺ホルモンの主原料ともなるものです。ヨードは、甲状腺に働きかけ新陳代謝を促すことで血行を良くし、肌にうるおいを与えてくれるという働きを持つといわれています(参考:季節の歳時記 海気浴)。

香りを嗅ぐだけでいいなんて、「肌の疲れが気になる」と感じている女性にも嬉しいですね。

海に行く時間がなくても大丈夫!海を感じるお助けアイテムを紹介

海に行きたいけれど、忙しくて時間がなかったり、海まで遠いという女性は、自宅で潮の香りを楽しみましょう。まるで海に行った気分なれるアイテムがこちらです!

藻塩を料理などに使う

藻塩とは、キレイな海水をくみ上げホンダワラ藻などを入れ、直火でじっくり炊き上げた塩のことです。熟練の職人さんがこだわりぬいたアイテムのため、藻塩が入ったパックを空けると海の香りが漂います。また、まろやかな味わいなので、さまざまな料理に大活躍してくれることでしょう。

少しだけ生臭いものを窓際に置く

藻塩を買うのはもったいないし、もっと安く簡単に海の香りを感じたいという方もいるはずですよね。そのような場合は、少しだけ生臭いものを窓際に置いてみましょう。例えば、あさりを買ってきて、砂抜きしているときのボールなどが最適です。特に風通りの良い場所に置くことで、まるで海に行ったかのような香りに包まれます。

今年、2018年は全国で猛暑になり、外出がままならないことが多いかもしれません。そのため、海に行くのは大変でしょうが、休日の朝や夕暮れ時の涼しい時期を狙ったり、自宅でアイテムを使って海の香りを楽しんでみましょう!

関連記事一覧

ABOUT

「とぎすませ、感覚」
Celesteでは、今以上のワタシになるために「とぎすませ、感覚」をコンセプトとして香り+αの情報をお届けしていきます。
ABOUT

最新記事