虫除けもできて癒される!?ヒノキの「フィトンチッド」ってなに?

LIFE

ヒノキの香りを嗅いだら、緊張がほぐれてリラックスして眠ることができた。気分が落ち込んでいたときに、ヒノキのアロマを使ったら心も体もリフレッシュできた。

ストレスが溜まったときや憂鬱な気分のとき、ヒノキの爽やかな木の香りを嗅ぐと、まるで清々しい空気のなかで森林浴をしているかのような気持ちになる方も多いのではないでしょうか。なぜ、私たちはヒノキの香りを嗅ぐと、ホッとしたり、気分をリフレッシュさせたりすることができるのでしょう。

その秘密は、ヒノキの爽やかな木の香りに含まれる「フィトンチッド」と呼ばれる揮発成分にありました。

実は殺菌成分!?ヒノキの癒し、フィトンチッドとは

フィトンチッドとは、ヒノキの爽やかな木の香りに含まれる揮発芳香成分。1930年代、ロシア・レニングラード大学のボリス・キートン博士によって名付けられました。

キートン博士は、植物が傷つくと周囲に存在する細菌類などが死滅することを発見。『ダメージを負った植物は、人間の目には見えない何かしらの揮発成分を放出して、細菌類を死滅させているのではないか』と考え、この成分はロシア語で「植物」と「殺す」という意味を持つ言葉を組み合わせた「フィトンチッド」と呼ばれるようになったのです。

 

Fitoncidas Fitoncidios Phytoncide Phytoncides International Forest Medicine

植物が身を守るための殺菌成分というだけあって、フィトンチッドには、害虫忌避作用、抗菌、殺菌作用、消臭効果があります。さらに木々の爽やかな香りから想像できるように、リフレッシュ効果、リラクゼーション効果も有する、なんとも多才な成分です。

フィトンチッドはヒノキの他にも、スギやアスナロなどの植物から発せられていますが、なかでもヒノキはフィトンチッドの含有率が非常に高く、伐採後もしばらくのあいだフィトンチッドが発散され続けます。そのため優れた抗菌性とリラックス効果を長く得ることができ、古くからお寺や神社の建築やヒノキ風呂にも使われてきました。

細菌には命とりでも、人には“癒しの香り”

しかしながら、細菌たちにとっては命とりであるフィトンチッド、本当にリラックス効果があるのでしょうか。

フィトンチッドにリラックス効果があることは、島根大学医学部の行った実験によって明らかになりました。実験データによれば、森林などのフィトンチッドが豊富な場所へ行くと、アドレナリンやノルアドレナリンといった交感神経を刺激するカテコールアミンの血中濃度が、20%も減少することが分かったのです。

虫も寄せ付けず、リラックス効果もある。フィトンチッドは私たちにとって嬉しい効果をもたらしてくれますね。

ストレス負荷後の血漿カテコールアミン濃度

フィトンチッドはエッセンシャルオイルに含まれる?

そんなリラックス効果、リフレッシュ効果があるヒノキのフィトンチッド。

空気中を漂っている細菌類に対して発せられる揮発性の物質ですが、果たして枝や葉などから抽出されたエッセンシャルオイルにもちゃんと含まれているのでしょうか。

ご安心ください。

ヒノキのフィトンチッドは、エッセンシャルオイルになる際、α‐ピネンやカジネン、ボルネオールなどの芳香成分と共に、しっかりと抽出されています。アロマディフューザーなどを使えば、ヒノキの爽やかな木の香りを思う存分楽しむことができますよ。

日本固有の樹種・ヒノキの香りは、どこか懐かしい清らかで爽やかなアンダートーンの落ち着いた匂いを楽しむことができます。暑い夏、今日はヒノキの爽やかな香りでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

ABOUT

「とぎすませ、感覚」
Celesteでは、今以上のワタシになるために「とぎすませ、感覚」をコンセプトとして香り+αの情報をお届けしていきます。
ABOUT

最新記事