• HOME
  • 記事一覧
  • LIFE
  • 青森ヒバのすごい香り!ヒノキの影に隠れたヒノキチオールの効果とは?

青森ヒバのすごい香り!ヒノキの影に隠れたヒノキチオールの効果とは?

LIFE

 

日本三大美林といえば、秋田スギに木曾ヒノキ。あと一つは何でしょうか?

それは、青森に生育している青森ヒバ。他の木の3倍の年月をかけて生長するため、木目が細やかで美しく、高級資材となっています。

腐りにくく香りがよいことでよく知られるヒノキと同様、青森ヒバも古くから神社仏閣などの建築に使われてきました。1125年に建立された中尊寺金色堂や1597年に建立された弘前城には、その多くに青森ヒバが使われており、今もその姿を立派に残しています。

ヒバが長い年月美しく保っていられるのは、ヒノキと同じく虫よけ効果のある「フィトンチッド」を放出していることが理由にあります。しかしフィトンチッドは同じでも、青森ヒバが放つ香りは、やはりヒノキとはひと味違っているもの。

青森ヒバの香りとは、いったいどのような香りなのでしょうか。

青森ヒバは、どんな香り?すごい香り「ヒノキチオール」の正体とは?

旅行先でヒノキ風呂に入るなど、ヒノキの香りはなじみが深く、イメージが湧く方も多いでしょう。一方ヒバは意識していないことが多いかもしれません。ヒバの香りは、一体どんな香りがするのでしょうか。

ヒノキはどこか懐かしく、爽やかで清々しい香りを楽しむことができる一方、青森ヒバの香りは、まるで森のなかにいるかのような心安らぐフレッシュな匂いがします。ヒノキと比べると、好き嫌いがハッキリと分かれる香りとも言えるでしょう。

青森ヒバの落ち着く香りの成分には、ツヨプセンやクパレン、セドロールなど様々な芳香成分が含まれていますが、中でも特に注目したいのは「ヒノキチオール (β‐ツヤプリシン)」と呼ばれる成分です。ヒノキチオールは低濃度でも雑菌類やカビ類の繁殖を抑えます。抗菌効果やリラックス効果を含めた青森ヒバの様々な効果には、このヒノキチオールが大きく寄与しているのです。

「ヒノキチオールなら、青森ヒバじゃなくてもいいのでは?」ヒノキに入っていそうなこの名前から、そう思う方も多いでしょう。しかしこのヒノキチオールこそが、実は青森ヒバの特徴的な成分です。

名前に「ヒノキ」とついておりますが、実はヒノキチオールは日本産のヒノキにはほとんど含まれておりません。ヒノキチオールは、農林技師・川村実平博士が発見し、台北大学教授・野副鉄男博士によって、抽出・分離・発見されました。このとき「台湾ヒノキ」から発見されたことから「ヒノキチオール」と命名されたのですが、フタを開けてみれば日本産のヒノキには、ヒノキチオールはほとんど含まれていなかったのです。

この名前のため、「ヒノキチオール=ヒノキの香り成分」だと間違えて覚えてしまう人が続出し、ヒノキの人気は高まりました。しかし本当にヒノキチオールを含んでいる青森ヒバは、ヒノキの人気の影に隠れてしまったのですね。

青森ヒバの香りは癒しのエナジー!

青森ヒバの香りには、嗅いだ人のココロとカラダをリラックスさせて、ストレスによる憂鬱な気持ちをスッキリとリフレッシュさせてしまうステキな効果があります。

森林総合研究所が大学生を対象に行った青森ヒバ材油と同種の台湾ヒノキ材油を使って行った実験(「森の香り」宮崎 良文)、また同研究所と日本医科大学の両チームによる大学生12人をヒノキの森 (青森ヒバとヒノキの生理活性はほぼ同じ)で森林浴をさせた実験(読売新聞・2006年2月28日付け・朝刊)では、

・緊張を解きほぐし、ストレスを緩和する
・心身の疲労を減少
・血圧降下作用
・作業の効率を向上させる
・血液中の免疫細胞 (NK細胞)の増加
・抗がん作用をもつたんぱく質の増加

などの健康に関するさまざまな効果や効能を得られたことが発表されています。

また、医療先進国であるドイツでは、森林浴や青森ヒバのような森林の香りがするアロマを用いた治療行為を正式に医療として認めています。

青森ヒバの香りには、まだまだ秘密が!?

青森ヒバの香りには、ココロとカラダをリラックスさせて、気分を一新させるリフレッシュ効果の他にも、日常生活を快適に過ごせる優れた効果や効能がたくさんあります。

例えば、ヒノキチオールとβ‐ドラブリンには、たいへん強力な抗菌作用があり、空気中を漂っている細菌やウイルス、カビなどを寄せ付けません。なんと黄色ブドウ球菌ならば、1リットル中に青森ヒバのエッセンシャルオイルを0.8g加えるだけで、黄色ブドウ球菌は近寄ってくることができません(工藤林業株式会社)。この効果はヒノキやスギに比べても抜群に大きいものです。

黄色ブドウ球菌に対するヒバ油の抗菌試験

また、青森ヒバには、シロアリやゴキブリ、蚊などの害虫を寄せ付けない防虫効果もあります。特にシロアリに対しては、青森ヒバ油を置いておくだけで、24時間後には死滅してしまう驚くべき殺虫効果も観測されています。

森林のようにリラックスできて、虫除け効果も高い、ヒバの香り。アロマバスやお部屋での芳香浴のほか、まな板やお風呂グッズにもぜひとも使ってみたいですね。すぐに森林浴はできなくても、身近なところから木々の魅力を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

ABOUT

「とぎすませ、感覚」
Celesteでは、今以上のワタシになるために「とぎすませ、感覚」をコンセプトとして香り+αの情報をお届けしていきます。
ABOUT

最新記事