魅力7割増し!女性特有「甘い香り」の正体とは

BEAUTY

女性はいい匂いがするものだ…例え香水をつけていなくても。

どこかで聞いたことがある「女性の香り」という存在。男性の幻想ではないかとも思われましたが、なんと科学的に存在することが分かりました。

2017年秋、ロート製薬の女性の体臭に関する分析によって、甘い香りの成分の正体が明らかにされたのです。

女性らしさの正体?「甘い香り」の成分とは

女性の甘い香りの正体は、「ラクトン」という成分でした。

ピーチのような香りの「ラクトンC10」、そしてココナッツのような香りの「ラクトンC11」。女性のいい匂いには、2種類の化合物が含まれていたのです。

天然の体臭にピーチやココナッツのような香りが含まれていたとは、驚きですね。

長くは続かない?甘い香りは35歳が曲がり角

ところがこの魅力的な甘い香り、残念ながら永久に続くわけではありませんでした。女性の「甘いにおい」は、年を重ねるほど減少していたのです。

このことは、女性が着用した布の官能評価テスト(左図)*1と、体臭中に含まれるラクトンの含有量を調べる研究(右図)*2の両方によって明らかになりました。

甘い香りの成分ラクトンは30代で大幅に減少、人が感じる甘い香りは35歳が曲がり角になっていたのです。

出典: 女性が着用した布の官能評価テスト(左図) 体臭中に含まれるラクトンの含有量を調べる研究(右図)

せっけんよりすごい!甘い香りで魅力7割増し

とはいえ、もう20代ではないし…とがっかりすることはありません。

逆に、この甘い香りをまとうことで、より女性らしく魅力的に自分を演出することができます。

実際、甘い香りの成分・ラクトンを嗅ぎながら女性の写真を見た場合は、そうでない場合に比べて、魅力度が174%となることも研究で明らかになりました。ラクトンの香りがあると、男女ともに、女性を魅力的に感じることが分かったのです。

さらに魅力度だけではなく、女性らしさ、若々しさの印象についてもそれぞれ115%、147%と向上することが分かりました。

驚いたことに、この印象の変化は、魅力的な女性の香りの代名詞「せっけんの香り」の結果よりもかなり効果的を示すものだったのです。

出典:女性の見た目印象に与える香りの影響

甘い香りを使ってみる?

目には見えない香りという存在、どうやら想像以上に大きな影響力を持つようです。ココナッツやピーチの甘い香り、少しのアクセントにぜひ試してみたいものです。

<参考情報>

*1着用布を用いた体臭変化の官能評価テスト
*2ロート製薬:女性のニオイバランスを整えるために必要な香り成分ってなに?
女性のにおい変化に新たな一手を、研究者の想いとは

関連記事一覧

ABOUT

「とぎすませ、感覚」
Celesteでは、今以上のワタシになるために「とぎすませ、感覚」をコンセプトとして香り+αの情報をお届けしていきます。
ABOUT

最新記事